読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味】基礎用語(ハ行)

IT業界基礎用語

フラッシュメモリー】

電気的に消去、書換え可能な読出し専用の半導体モリー(EEPROM(イーイーピーロム):electrically erasable and programmable ROM)による記憶装置。

記憶内容が一括して消去されることからこの名がある。カードサイズで数十メガバイトから数十ギガバイトの容量をもち、バックアップ電源が不要で、消費電力は少なく、衝撃にも強い。

このため、ノートパソコン、デジタルカメラ、携帯用の情報機器や録音機器、留守番電話などに用いられ、さらに、切手サイズのものが開発されデジタルカメラや携帯用情報機器用に製品化されている。

モリーセルの構成にはNOR(ノア)型とNAND(ナンド)型があり、前者は読出し速度が、後者は書込み速度が速い。前者はパソコンなどのシステムメモリーに、後者はセルサイズが小さく大容量向きで、消費電力が少なく、ビットコストが安いという特長があるため、携帯電話、デジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤー(携帯デジタル音楽プレーヤー)などの記録媒体に巨大な市場をもっている。

NOR型は1984年、NAND型は1987年にいずれも東芝時代の舛岡富士雄(ますおかふじお)(1943― )の発明によるものである。

【意味】基礎用語(ナ行)

IT業界基礎用語

NAS

ネットワークに接続して利用する外部記憶装置。Network Attached Storageの略。

装置の本体はテラバイト級の大容量ハードディスクを内蔵し、LAN(ラン)回線によって複数のコンピュータなどの端末とネットワークを形成する機能を持つ。

NASへのアクセス権限のある端末間では情報を共有でき、データの保存先をNASに設定しておけば、端末が故障してもデータ類が失われることはない。

法人向けとして使われることが多いが、家庭用のNASも発売されており、デジタルカメラの画像やテレビ番組、音楽データなどの共有に使われる。家庭内の複数のコンピュータやタブレット型端末、ネットワークオーディオなどから利用可能で、情報を一括管理できるメリットがある。スマートフォンアプリに対応した機種では、外出先のスマートフォンから自宅のNASにアクセスして、必要なデータを閲覧したり録画番組を視聴したりすることもできる。

同様な利用法は各種のクラウドサービスでも可能であるが、NASでは大容量が容易に確保でき利用料金も発生しない。反面、NASが置かれている場所が停電すると利用できなくなるほか(非常用の無停電装置(UPS)を利用している場合を除く)、内蔵するハードディスクが物理的に損傷するリスクもある。

【意味】基礎用語(タ行)

IT業界基礎用語

今時な用語も多いです。

ディープラーニングは「ドラゴンクエストⅢ」、「インプリンティング」なんかを思い出します。

 

ディープラーニング

コンピューターによる機械学習で、人間の脳神経回路を模したニューラルネットワークを多層的にすることで、コンピュータ自らがデータに含まれる潜在的な特徴をとらえ、より正確で効率的な判断を実現させる技術や手法。

音声認識自然言語処理を組み合わせたた音声アシスタントや画像認識など、パターン認識の分野で実用化されている。深層学習。

補説:人がネコの写真を見た場合、顔の向きや姿勢によらず、瞬時にネコであると認識するが、コンピューターの場合は、画像からなんらかの特徴を抽出し、あらかじめ記憶させたネコの基準となる特徴と照らし合わせる必要がある。

ディープラーニングの登場以前には、研究者や技術者が猫の基準となる特徴をあらかじめ数量化した特徴量を設定したが、ディープラーニングにおいては、ネコの属性をもつさまざまなものを大量に機械学習させることで、人が直接関与することなく、ネコらしさとは何かを学んでいく。

【意味】基礎用語(サ行)

IT業界基礎用語

シンクライアント

必要最小限の機能を持ったクライアント端末のこと。また、そのクライアント端末を使用したサーバー・クライアントシステム全体を言う。

1996年にOracle社がネットワークコンピュータ(NC)を発表。それまで主流だったサーバー・クライアントシステムに一石を投じた。

NCはクライアントにハードディスクなどの外部記憶装置を持たせず、機能を限定してサーバー側で管理するのが特徴。サーバーの負荷は高まるが、クライアントに低機能なパソコンを利用することで、トータルコストを抑えられるメリットがあった。

しかし、パソコン価格の低価格化が進み、企業にとって導入のメリットが減ったため広く普及するには至らなかった。

2005年に個人情報保護法が施行されるとともに、シンクライアントシステムは改めて注目されはじめる。

クライアント側に情報を保存できないシンクライアントは、情報漏洩に対する優位性が認められる。また、モバイルも含めた高速インターネットが普及し、クライアントの接続能力が飛躍的に高まったことも相まって、一部企業に取り入れられ始めた。

 

【ストレージ】

ストレージとは、コンピュータの主要な構成要素の一つで、データを永続的に記憶する装置。

磁気ディスク(ハードディスクなど)や光学ディスク(CD/DVD/Blu-Ray Discなど)、フラッシュメモリ記憶装置(USBメモリ/メモリーカード/SSDなど)、磁気テープなどがこれにあたる。

【意味】基礎用語(カ行)

IT業界基礎用語

カ行です。クラウドという新しい概念の言葉が多いです。

【仮想化】

物理的構成とは無関係に、コンピュータやネットワーク機器などを擬似的に分割、統合すること。

仮想化ソフトウェアを使用して、たとえば1台のサーバーコンピュータを複数のコンピュータとして論理的に分割し、異なるオペレーティングシステム(OS)やアプリケーションを立ち上げて同時に動作させたり(サーバー仮想化)、コンピュータ・ネットワーク上にある複数の外部記憶装置をあたかも一つの大きなストレージとして機能させて、大容量のデータを一括して保存したりする(ストレージ仮想化)ことも可能。

こうしたサーバーやストレージの仮想化ばかりでなく、ゲーム機器やネットワークなどについても仮想化は広く実行されている。

仮想化によるメリットとしては、ハードウェアを効率的に利用できることから、運用コストの削減や開発期間の短縮が図れることなどがある。しかし、仮想化ソフトウェアそのものがハードウェアの処理能力の一部を常に使用しているため、仮想化しようとする機器の規模や性能によっては、高速、高性能のハードウェアが不可欠になることや、サーバー仮想化の場合にはライセンス契約や通信の流れが複雑化し、管理者に専門的な知識が求められるといった制約もある。

 

ガベージコレクション】 

プログラムが使い終わったメモリーを自動的に解放する機能。

ガベージコレクションを持たないC言語では、アプリケーションが使用するメモリーの確保や解放を記述する必要がある。

プログラムのバグでメモリーが解放されない場合、OSやほかのアプリケーションがメモリーを使えなくなるエラーが起こる。これをメモリーリークという。

Java言語は、ガベージコレクションを実装しており、プログラマーは、メモリーの確保や解放処理の記述を省略できる。

 

QoS

クオリティーオブサービスの略語。

ネットワーク上での「サービス品質」、具体的には、通信帯域の予約と通信速度の保証をする技術の事を指す。音声や動画のリアルタイム配信等のサービスにおいて、QoSはなくてはならない重要な技術。

 

クラウドコンピューティング

インターネット上にある複数のサーバーを利用して作業を行うサービス形態を表した概念の一つ。ローカルなパソコン上で行う作業や機能を、ほとんどすべてネット上で実現できるようにした環境をさす。単にクラウドともいう。

ネットワークをイメージする図版で雲(クラウド)をよく使うことからきた表現。2006年にグーグル社CEO(最高経営責任者)であったエリック・シュミット(1955― )が初めてこの言葉を使ったとされる。

一般的にブラウザを介して作業を行い、ユーザー側は提供されるサービス内容のみを意識することになり、バックボーンのサーバーの構成や機能などは気にする必要がない。

このサービスを利用することで、アプリケーションのインストール、更新、メンテナンスの労力やハードウェアの維持管理に関する人的・物的資源、電力消費、設置場所の削減を図ることができる。企業の場合は、コストの低減化だけでなく必要な処理能力を適切なタイミングで利用できるようになり、経営の迅速化にも役だつ。

クラウドコンピューティングはネットワークを利用した分散処理による、ハードウェアやソフトウェア、システム全般にわたる仮想化技術の形態や方向性を示す概念であるため、そこに含まれるシステムやビジネスは多岐にわたる。ユーザーに提供するサービスモデル(クラウドサービスと総称される)は、大きく三つに分けられる。


(1)ネットワークやデータセンターなどのインフラ関連を提供するIaaS(イアース)(Infrastructure as a Service)

(2)データベースやユーザー・インターフェースなどアプリケーションを利用するための基盤や開発環境などを提供する、プラットフォーム関連のPaaS(パース)(Platform as a Service)

(3)メールやスケジュール管理をはじめ、さまざまなウェブアプリケーションサービスを提供するASP(Application Service Provider)やSaaS(サース)(Software as a Service)。

 

クラウドサービス】

クラウドコンピューティングを利用したサービスの総称。

仮想化技術を用いてサーバー構築、大規模データの保管、顧客管理業務などを行う企業向けのサービスと、スケジュール、連絡先、電子メールの管理やオンラインショップで購入したデジタルコンテンツを端末間で共有する個人向けのサービスに大別。

シンクライアントをよりネットワーク利用寄りに範囲を広げたサービス形態。

具体例にはGmailGoogleマップDropboxiCloudなどがある。