読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT業界基礎用語

【意味】基礎用語(マ行)

【マーケティングオートメーション】 リード(=見込み顧客)の獲得に始まり営業パーソンへ引き渡すまでのマーケティング業務を、ツールを用いて一貫して管理し、自動化・最適化する施策のこと。用いられるツールを、「マーケティングオートメーションツール…

【意味】基礎用語(ハ行)

【フラッシュメモリー】 電気的に消去、書換え可能な読出し専用の半導体メモリー(EEPROM(イーイーピーロム):electrically erasable and programmable ROM)による記憶装置。 記憶内容が一括して消去されることからこの名がある。カードサイズで数十メガバ…

【意味】基礎用語(ナ行)

【NAS】 ネットワークに接続して利用する外部記憶装置。Network Attached Storageの略。 装置の本体はテラバイト級の大容量ハードディスクを内蔵し、LAN(ラン)回線によって複数のコンピュータなどの端末とネットワークを形成する機能を持つ。 NASへのアクセ…

【意味】基礎用語(タ行)

今時な用語も多いです。 ディープラーニングは「ドラゴンクエストⅢ」、「インプリンティング」なんかを思い出します。 【ディープラーニング】 コンピューターによる機械学習で、人間の脳神経回路を模したニューラルネットワークを多層的にすることで、コン…

【意味】基礎用語(サ行)

【シンクライアント】 必要最小限の機能を持ったクライアント端末のこと。また、そのクライアント端末を使用したサーバー・クライアントシステム全体を言う。 1996年にOracle社がネットワークコンピュータ(NC)を発表。それまで主流だったサーバー・クライ…

【意味】基礎用語(カ行)

カ行です。クラウドという新しい概念の言葉が多いです。 【仮想化】 物理的構成とは無関係に、コンピュータやネットワーク機器などを擬似的に分割、統合すること。 仮想化ソフトウェアを使用して、たとえば1台のサーバーコンピュータを複数のコンピュータと…

【意味】基礎用語(ア行)

2017年よりIT企業の担当になりました。 はっきり言って、私は全然詳しくありません。早く詳しくなりたいという意味を込め、少しずつ勉強をしたいと思います。まず、単語の整理です。 【ITベンダー】 企業が必要とする情報技術に関連した機器やソフトウェア、…