読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味】基礎用語(マ行)

マーケティングオートメーション】

リード(=見込み顧客)の獲得に始まり営業パーソンへ引き渡すまでのマーケティング業務を、ツールを用いて一貫して管理し、自動化・最適化する施策のこと。用いられるツールを、「マーケティングオートメーションツール」と呼ぶ。

別々のツールで実施していたアクションを、統合して管理・実施可能な点が特長。

展示会やインターネット広告でなどのリードジェネレーション(新規顧客獲得)とセミナーやメール配信等のリードナーチャリング(見込み顧客育成)は、別々のツールで実施・管理されてきました。また、各ツールは独立しており、データを連携させることができませんでした。

マーケティングオートメーションツールは一つのツールで一元管理できるため、「この広告をクリックしてきた人には、このメールを送ろう」といったアクションの「つながり」を作ることができ、各ユーザーにあったアクションの最適化が可能です。

期待できる導入効果は以下の3点が挙げられます。

1:マーケティング業務の効率化

業務の中で繰り返し出てくる作業を自動化することで、作業時間の短縮が可能。また、入力ミスなどの人的エラー削減、購買意欲の高いリードを見逃しの防止など、より正確な業務が可能です。その結果、より多くの時間を新たなリードの獲得や、マーケティング戦略を洗練する時間に充てることが可能。

2:マーケティング業務の質の向上

各リードの詳細な行動分析を、MAツールを用いて行うことでニーズにマッチした施策を自動的に選択することが可能です。それにより、ナーチャリングをより精度よく行うことが可能。

3:各リードの興味度合いの可視化

各アクションデータから購買意欲を可視化することにより、成約に至る可能性の高いリードから順に営業へ知らせることができます。それにより、マーケティング活動の成果を見逃すことなく営業がフォローすることが可能。